【木村和久連載】身軽に楽しむ「ハーフ&ハーフ・ゴルフ」のススメ

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第69回

 いきなり「ハーフ&ハーフ」でゴルフと言われても、みなさん戸惑いますよね。これって、ハーフ&ハーフのピザを、ケータリングで14番ホールのお茶屋まで持ってきてくださいとか、そんなことじゃないですよ。

 ハーフ&ハーフとは、「ハーフセットでハーフラウンドをする」ということです。すなわち、ゴルフのダウンサイジングなり。こぢんまりと気軽にゴルフをすることで、もっと生活が豊かになります、と提案したいのです。

 きっかけはありました。今年の春頃、ゴルフ雑誌の企画でクラブをたった2本しか使わないラウンドに挑戦したのです。一応、イベントだったので試合形式で臨み、使用クラブはパターが1本、あとはロフト27度のユーティリティー、それだけです。

 パー36の9ホールを回って、なんと「46」を達成! 全参加者中、3位の成績を収めました。たまたま打ったショットが狙いどおりにいってくれただけですけど、かなりうれしかったです。だってハーフ「46」って、普通に14本のクラブを使って出すスコアですよ。調子が悪かったら、14本使っても「50」叩くこともありますから。

 バンカーも、アプローチも、全部27度のユーティリティーのみ。その分、クラブ選択には悩みませんでしたけどね。あと、キャディーバッグがいらない、というのもいいですね。2本だけ持ってぶらぶら歩けばいいのですから。

 というわけで、今回はゴルフのダウンサイジングをどこまでやれるかを探ってみます。

この記事の続きを読む

1