起死回生の一発!? 「旅打ち」最後の勝負にひと筋の涙がつたう

■「夏競馬」珍道中〜西日本編(13)

 西日本をめぐる「旅打ち」最後の舞台は、名古屋競馬場。最初のレースを的中し、幸先のいいスタートを切った。が、喜びもつかの間、そこからは下降の一途をたどった。

 第6レース、第7レース、第8レース、第9レース、さらにメインの第10レースと、予想が立て続けに裏目に出た。手堅く買えば、大波乱となり、人気馬を切れば、手堅く収まり、軸馬で迷った際には切ったほうの馬がくるという始末だ。メインの第10レースに至っては、軸として買った2頭が9頭立ての5着と、7着。あまりのハズしっぷりに頭を抱えた。

 初っ端で儲けた"貯金"はとっくに底をついて、財布に残ったお札からは福沢諭吉が消えていた。うだるような暑さの中、終わりの見えない連敗街道にもうろうとしてきたワシ。身も、心も、限界に近づいていた。

 やばい、ちょっとひと息つこう。そう思って、ふらふらしながら自動販売機の前まで行った。そして、最初に目がいった「金の烏龍茶」を買った。倒れる寸前にあっても、ワシは"金"の亡者なのだ。

 取り出し口から手にした紙パックの横には何やら格言めいたものが書かれている。

「初志貫徹」

この記事の続きを読む

1