CB、GK、本田圭佑...。UAE戦の日本は「ピッチ上の問題」が噴出

 浅野拓磨のシュートが入ったか入らなかったか。入っていれば2−2。しかし、真っ先に目を向けるべき点はそこではない。内容の悪さだ。予選は始まったばかり。残りは9試合もある。挽回できるチャンスはいくらでもあるが、内容に目をこらせば、今後に向けた不安材料が溢れんばかりに存在する。

 来年3月に行なわれるアウェー戦の勝利、引き分け、負けを予想せよと言われれば、負け。よくても引き分けが妥当。大苦戦必至を思わせる内容だった。

 といっても、新たな問題点が浮き彫りになったわけではない。これまでにも見られた傾向ばかりだ。浅野のシュートが認められていればと言うが、1−2になってからも、UAEには惜しいシーンが目立った。ボールを奪ってからの速い攻めだ。日本の守備隊形がすっかり崩れた中を、UAEは巧みな個人技を生かしながら幾度となく前進。日本を大いに慌てさせた。最後は、決まればオッケー的な楽観的なプレーに走っていたが、同点の状況ならばより貪欲に攻め立てただろう。

 相手がもうワンランク上のチームなら、ボコボコにされていたに違いない。2014年ブラジルW杯、対コロンビア戦のように。日本が引きずる傾向は、監督が変わってもまるで同じ。奪われ方。奪われる場所とそのタイミングに日本は大きな問題を抱えている。

この記事の続きを読む

1