ドイツでMOM、原口元気の本音。代表でも「もっと前で勝負したい」

 W杯アジア最終予選UAE戦に75分から出場した原口元気。1点を追う展開で、ボランチの大島僚太との交代だったが、その使命を聞いた原口の心中は複雑だった。ハリルホジッチからは「長谷部の前で香川の後ろ。ただ、あくまでバランスは崩すな」と言われたという。

 ボランチにしては攻撃的な役割。とはいえ中盤のバランスを崩すことなく攻撃に加勢するのは難しかった。本来なら2列目、本人の希望とすれば左のワイドでプレーしたい選手は、その能力を封じ込まれたまま、敗戦のホイッスルを聞かねばならなかった。

 UAE戦の4日前に始まったブンデスリーガで、ヘルタ・ベルリンの原口は上々の滑り出しを見せている。

 ドイツ杯やヨーロッパリーグ予選を経て、ある程度は戦力の見極めや戦術の構築ができている状態で迎えたブンデスリーガ開幕戦、フライブルク戦にフル出場。芝の温度を測れば40度を超えたとドイツでは大騒ぎだった"灼熱"の中、90分間走り抜いた。パル・ダルダイ監督から名指しで賞賛され、キッカー誌ではマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

試合では2点に絡んだ。先制点は原口が中盤から前線に長いボールを入れ、ヴェダド・イビシェビッチがワンタッチではたくとウラディミル・ダリダが決めた。後半ロスタイムに同点にされた後の勝ち越し点は、味方のロングボールからの展開。競り合いの末、ボールを奪った原口が仕掛けてシュートを放つ。これは至近距離の相手に弾かれるが、こぼれ球をイエンス・ヘゲラーがつなぎ、最後はユリアン・シーバーが押し込んだ。

この記事の続きを読む

1