ラグビー日本代表HCジェイミー・ジョセフ。笑顔の裏に「強い自負心」

 9月5日、「2019年ラグビーワールドカップ」で日本代表を率いるジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)の就任会見が行なわれた。就任は今年1月に内定していたが、スーパーラグビーのハイランダーズの指揮官を務めていた関係で、9月まで来日がずれ込んでいた。

 現役時代は豪快な突破力で、ニュージーランド代表のFWとして活躍。身長196cm・体重100kgを超す大柄な体格は、今も変わらない。ニュージーランドの先住民族であるマオリの血を引く彫りの深い顔が特徴的だが、この日のジョセフHCは、やや緊張した面持ちで会見場に入ってきた。そして、100人を超すメディアに対し、まっすぐ前を向いての第一声は、「こんにちは、みなさん。ジョセフでございます。ありがとうございます」。開口一番、ジョセフHCは流暢な日本語を披露した。

 それもそのはず、ジョセフHCは1995年から2000年まで、福岡県宗像(むなかた)市に本拠地を置くサニックス(現・宗像サニックスブルース)でプレーし、1999年のワールドカップは日本代表として出場(当時は2つ、3つの国にまたがって代表になることができた)。桜のジャージを着て、国際試合に9試合出場した経歴の持ち主だ。

 いわば、ジョセフHCにとって、日本は第二の故郷。現役を引退した後も、サニックスのアドバイザーなどを務めていた。2015年にハイランダーズをスーパーラグビー初優勝に導き、ニュージーランド代表の次期指揮官候補のひとりと評されるも、「日本が大好き。日本食は何でも好き」だったことが、日本代表HC就任へ彼の背中を押したひとつの要因となった。

この記事の続きを読む

1