錦織圭、「中国に立ち向かった卓球・水谷のように」宿敵マリーに挑む

 錦織圭は、US(全米)オープンテニスで、2年ぶりに2度目のベスト8入りを決めた瞬間、控えめに右手で握りこぶしをつくった。グランドスラムでは今季2回目、キャリア通算で6回目のベスト8だが、今の錦織にとっては、喜びに浸るステージではなく、ただの通過点だ。

 第6シードの錦織(ATPランキング7位、8月29日付け、以下同)は、4回戦で第21シードのイボ・カルロビッチ(37歳、クロアチア)を、6−3、6−4、7−6(4)で破って準々決勝に進出した。そして、今季マッチ50勝に早くも到達した。

 カルロビッチに21本のサービスエースを決められた錦織だったが、得意のフォアハンドストロークで19本のウィナーを放ったのをはじめ、トータルで44本のウィナーを打ち込んでゲームを支配した。

「今日の試合はすごくよかった。2週目に入ってやっといいテニスができ始めている」と語った錦織は、驚くべきことに3セットを通して、リターンにアンフォースドエラー(凡ミス)がゼロだった。さらに、フォアハンドとバックハンドのストロークの凡ミスは、第1、2セットはゼロで、第3セットにそれぞれ1本だけだった。いかに錦織の集中力が高かったかがうかがえる。

「あまりストローク戦がなかったので、リズム的にはあまりつかめたわけではないですけど、サーブとリターンがやっとよくなって、徐々にいいテニスになってきているのかなと思います」

この記事の続きを読む

1