【月報・青学陸上部】夏合宿に同行。どんな練習を消化しているのか?

■極私的! 月報・青学陸上部 第6回

「おはようございます」

 午前5時過ぎ、まだ薄暗い山の中、学生たちの声が日和田ハイランド陸上競技場のトラックに響く。400mほど離れた宿舎から選手が三々五々集まり、朝練から1日が始まる。まずは20分程度、「青トレ」と言われる体幹トレーニング。走るための準備とケガ予防でふだんから行なわれているものだ。

 この日のメニューは各自ジョグ。午後練習に30kmのクロカンがあるので、朝は自分のペースで練習する。

「雨なので足元、各自気をつけて。それじゃ楽しく走ろう」

 原晋監督がそう言い終えると円を描いた集団がパッと離散した。各自腕時計でタイムをスタートさせ、トラックや競技場外周のクロカンコースなどを走り始めた。

「秋山隊長、いい走りしているなぁ」

 原監督はちょっとうれしそうだ。春先から調子が出ず、悩んでいた主力のひとりが復調しつつあるのだ。その後も選手の表情を観察しつづけ、秋山ら選手たちは小雨が降る冷たい空気の中、黙々と走り続けていた。

この記事の続きを読む

1