リオパラリンピック開幕。日本の有力選手・注目選手は誰だ?

 オリンピックの熱狂、未だ冷めやらぬリオデジャネイロで、9月8日(日本時間)、第15回パラリンピック夏季競技大会が開幕する。160以上の国と地域、難民選手団が出場し、9月18日までの12日間に22競技・528種目が実施される。

 南米で初めて開催されるパラリンピックの大会ビジョンは「"A New world"〜新しい世界へ」。日本からは132選手が出場。シッティングバレーボール、5人制サッカー、7人制サッカー、セーリング、車いすフェンシングを除く17競技で熱き戦いを繰り広げる。

 日本選手団は数々の競技・種目にメダル候補が居並ぶが、最も人気が高い競技のひとつが車いすテニス。返球が2バウンドまで認められている以外は、健常者のテニスとほぼ同じルール。日本が世界に誇る国枝慎吾(ユニクロ)は、世界4大大会でシングルス優勝20回、ダブルス優勝24回。シングルスでは年間グランドスラムを5回達成し、パラリンピックでもシングルスで金メダルを2個、ダブルスで1個獲得している。

 今年4月には、内視鏡による右ヒジのクリーニング手術を受け、回復具合が気になるところだが、ロンドンパラリンピック直前にも同じ手術を経験しており、アジャスト力は実証済み。世界最速のチェアワークから放つバックハンドのトップスピンを武器に、リオで3連覇に挑む。

この記事の続きを読む

1