卓球・丹羽孝希「中国選手のドライブはテニスボール並みの重さ」

 リオ五輪、卓球の男子団体戦で銀メダルを獲得した丹羽孝希。前回はメダルへの軌跡をじっくり語ってもらった。引き続き、王者・中国との差、2020年東京五輪への抱負、卓球の普及についても話を聞いた。後半は一問一答式でインタビューの模様をお届けする。

―― 銀メダル獲得、おめでとうございます。

「ありがとうございます」

――「東京では金を!」という周囲からの期待も大きいと思いますが、重くはないですか?

「まあ重いですよね。その難しさを十分わかっているので。帰国後、テレビに出させていただくことも多いんですが、『4年後は?』と聞かれたら、場の空気もあるんで『金メダルです』と言ってますけど(笑)」

―― リップサービスもあるんですね。

「それに僕自身、東京オリンピックで代表になれると決まったわけでもないですから。新たな若手選手も出てくると思うんで。リオに出た吉村(真晴)くんは、4年前のロンドンの時点では、まさか代表になれるとは思っていませんでしたし。リオの選考前の1年間で、世界ランクを急激に上げてきたんです。東京でも、そういう選手も出てくるはず。全然、油断なんかできないです。油断どころか、真剣にやっても出られない可能性もあると思うんです。だから、わかんないです」

この記事の続きを読む

1