激闘の錦織圭が、グランドスラム制覇に「あと少しだけ足りないもの」

 US(全米)オープンテニス準決勝で、第6シードの錦織圭(ATPランキング7位、8月29日付け、以下同)は第3シードのスタン・ワウリンカ(3位、スイス)に、6−4、5−7、4−6、2−6で敗れ、2年ぶりの決勝進出はならなかった。

 準決勝の序盤から、「(ワウリンカは)スライスを多用する選手なので、前へ行かないと、という気持ちは少なからずあった」という錦織が今大会で自信をつけていたサーブ&ボレーやネットプレーを多用した。

「圭は、試合のスタートが本当によかった。動きもよかったし、本当にアグレッシブだった。僕は解決の糸口を見出せず、コート上で居心地が悪かった。彼はネットにも出てきたしね」
 
 このようにワウリンカを惑わせたが、短時間でポイントを決める錦織の戦術は、なるべく錦織自身が体力の消耗を抑えたいという思いもあったのかもしれない。

「2ブレークはしておきたかった。そこを取っていれば、もうちょっと気持ち的にもプッシュできた」と振り返った錦織は、第2セット第7ゲーム0−40から、ほとんど自分のミスで、ワウリンカのサーブをブレークできなかった。このゲームをきっかけにして、錦織の集中力が徐々に落ち始め、第2セットでは第7ゲームで4回、第9ゲームで2回、合計6回のブレークポイントを錦織はふいにした。

この記事の続きを読む

1