「トレンド血統」のザウォルドルフ。初陣前の評価はマカヒキと同じ

厳選!2歳馬情報局(2016年版)
第16回:ザウォルドルフ

 夏競馬が終わって、9月10日からはいよいよ秋競馬が開幕した。これからは主要4競馬場(中山→東京、阪神→京都)が舞台となり、2歳馬のデビュー戦でも評判の高い逸材たちが続々と出走してくる。

 9月18日の2歳新馬(阪神・芝1800m)で初陣を飾るザウォルドルフ(牡2歳/父ディープインパクト)も、注目度が高い若駒の1頭だ。

 母は、現役時代にアメリカで活躍したウィーミスフランキー。わずか5戦でキャリアを終えたが、その中にはGI2勝という輝かしい実績がある。まさに素質で圧倒した"天才肌"と言えるだろう。その母の初仔であり、トップ種牡馬のディープインパクトをかけ合わせて生まれたのが、ザウォルドルフだ。

 デビューへ向けて、所属する友道康夫厩舎(栗東トレセン/滋賀県)で調教を積んでいる同馬。現在の状態について、関西競馬専門紙のトラックマンはこう話す。

「8月中旬に入厩して、ここまで順調に調教をこなしています。ただ、スタッフは『まだ芯が入っておらず、ゆるさがある』と慎重なジャッジ。腰がパンとしておらず、『いきなり初戦で白星というよりは、将来性に期待したい』とコメントしていますね」

この記事の続きを読む

1