本田真凜、涙のSP5位からフリーではジュニア女子世界最高得点で急浮上。

 フィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)シリーズ第3戦、日本大会は、9月9日から11日まで新横浜スケートセンターで行なわれた。日本とロシアの2強対決に関心が集まったが、終わってみれば日本女子3人が表彰台を独占した。

 ジュニアGP大会初優勝を飾ったのは、ショートプログラム(SP)首位だった坂本花織。SP(65.66点)、フリー(122.15点)、合計(187.81点)のいずれも自己ベストを更新する会心の出来だった。昨季の世界ジュニア選手権を制した本田真凜は、SP5位と出遅れたが、フリーではジュニア女子としては世界最高得点となる128.64点をマークして巻き返しに成功。合計184.11点の総合2位に食い込んだ。SP2位だった山下真瑚はフリー4位で総合3位に。ジュニアデビュー戦で表彰台に立つ快挙だった。

 今大会の一番の注目は、昨季のジュニア世界女王の本田だった。ジュニアデビューシーズンだった昨季は、怖いもの知らずのチャレンジ精神で結果を残した。初出場のジュニアGPファイナルで堂々の銅メダルを獲得すると、世界ジュニア選手権ではその勢いのまま、一気に初優勝まで成し遂げた。

 今季初戦となる日本大会でどんな演技を見せてくれるのか。周囲もそして本人も、期待が高まっていたことは間違いない。

この記事の続きを読む

1