マカヒキの凱旋門賞制覇に立ちはだかる、恐るべき欧州の強豪馬たち

 10月2日に行なわれる、芝2400m路線の最高峰レースGI凱旋門賞(フランス・シャンティイ競馬場・芝2400m)に向けて、各地の主要な前哨戦がすべて終わり、主役となりそうな顔ぶれが出揃った。

 中でも、日本のファンとして注目は今年の日本ダービーの勝ち馬マカヒキ(牡3/父ディープインパクト)にとって国外初戦となるGIIニエル賞(フランス・シャンティイ競馬場・芝2400m)の結果だろう。今年はロンシャン競馬場の改装により、シャンティイ競馬場で行なわれる本番の凱旋門賞と、同じコース、同じ距離での一戦。マカヒキにとっては初の海外遠征に加えて、ひと夏を越えての秋初戦だが、地元フランスのダービー馬アルマンゾル(牡3/父ウートンバセット)や、英愛ダービー馬ハーザンド(牡3/父シーザスターズ)といった強力なライバルが揃ってGIアイリッシュチャンピオンステークス(アイルランド・レパーズタウン競馬場・芝10ハロン<約2000m>)に回って不在となり、圧倒的な人気を集めて、いきなり"負けられない一戦"となった。

 結果はミッドターム(牡3/父ガリレオ)が作る、前半1400mを1分34秒2という超スローペースの3番手を追走。直線では外に持ち出して、2番手でレースを進めたドーハドリーム(牡3/父シャマーダル)を加えた3頭による追い比べを、ゴール前できっちりと差し切って勝利を収めた。

この記事の続きを読む

1