「きっかけ見えた」松山英樹。米ツアー最終戦&日本オープンで爆発か

 米ツアープレーオフ第3戦、BMW選手権(9月8日〜11日)がインディアナ州のクルックドスティックGC(パー72)で開催された。プレーオフ2戦を終えて、フェデックスカップポイント上位70名が出場できる同大会(今回はヘンリク・ステンソンが欠場し、69名で行なわれた)。2日目に「63」の好スコアをマークしてトップに立ったダスティン・ジョンソン(32歳/アメリカ)が、最終的には通算23アンダーまで伸ばして優勝を飾った。

 注目の松山英樹は、雷雨でサスペンデッドとなった初日、暫定ながらトップと3打差の6位タイと好スタートを切った。しかし、4日間を通して爆発的なスコアを出すことができず、通算6アンダー、24位タイに終わった。

 第1ラウンドの残り6ホールと第2ラウンドを消化した2日目は、序盤でミスが出ていたドライバーが後半になるにつれて安定してきたものの、逆にアイアンの精度が低下。かみ合わないゴルフを強いられて、なかなかチャンスをつかめなかった。結果、第2ラウンドは「71」とスコアを伸ばし切れず、首位との差は9打差に開いた。

「いい感じでいきそうなところでミスをしたりして、(自分でも)よくわからない感じのゴルフになってしまった。後半はティーショットもフェアウェーに行っていたのでよくなるかなと思ったんですが、今度はアイアンが悪くなってしまって......。何かがよくなると、何かが悪くなる感じで。最後のほうは、どちらも悪くなって、『とりあえず打っておくか』という形でしか打てていなかった。

この記事の続きを読む

1