長谷部誠が感じたハリルJの完成度「過去と比較して語るのは難しい」

■ハリルジャパンの完成度(1)
 長谷部誠の判定=不明

 2018年ロシアW杯のアジア最終予選が9月1日にスタートした。来年9月までの長丁場の戦いとなるが、日本は初戦のUAE戦で1−2の逆転負け。ホーム戦だったにもかかわらず、いきなりつまずいた。

 2010年南アフリカW杯、2014年ブラジルW杯の最終予選では、ともに白星発進。その後も大きな波乱はなく、順調に勝ち星を重ねてW杯の出場権を獲得した。だが、今回の予選ではこれまでのような楽観ムードは一切ない。逆に、チームとして高い完成度を見せたUAEを目の当たりにして、予選突破のハードルがかなり高くなっていることを誰もが痛感させられた。

 はたして、日本は6大会連続のW杯出場を手にすることができるのか。現在の代表チームの完成度を探りながら、その可能性を見極めていきたい。

 UAE戦に敗れたあと、キャプテンの長谷部誠はその敗因を「自滅」だと語った。

「攻守ともに修正しなければならない点がありますけど、自分たちで自分たちの首を絞めてしまったかな、と思います。先制して、そこからの試合運びがまだまだ乏しく、勝負強さがない。十分に勝てるチャンスがありながら、取りこぼしてしまった。それは、自分たちの責任が大きいと思います」

この記事の続きを読む

1