木村沙織 東京五輪に意欲か

サオリン、東京五輪出場に意欲? 「Vリーグ終了後に考えたい」

 9月10日(土)、バレーボールトップリーグ50周年記念大運動会で、全日本女子チームが今年度の活動を振り返る報告会を行なった。

 主将の木村沙織がこう切り出した。

「4回目のオリンピックでしたが、キャプテンとして臨んだオリンピックは初めてで、すべてがこれまでと違う大会でした。目標としていたメダルに届かなかったことは本当に残念です。力が出し切れなかったというよりは、これが自分たちの現状の力。今回オリンピックを経験した選手もたくさんいるので、今回の経験が次の東京でいい方向に行くんじゃないかなと思う」

 そして、メダル獲得がならなかった理由をこのように続けた。

「(要因は)たくさんあります。初戦の韓国戦から、全体的に安定しなかった大会でした。(ロンドン五輪後の4年間で)ハイブリッド6とかMB1とかいろんな作戦をやってきて、最後その集大成だった。その4年間にやってきたことは間違っていたわけではないけど、つながりがなかった。シーズンごとに選手も毎回変わって、軸になる選手がそれぞれの大会で変わっていたので、それが五輪でなかなかかみ合わなかった理由だと思います」

この記事の続きを読む

1