「田中将大がフォアボールを出さない件」について、全米で話題沸騰

 レギュラーシーズンも残りわずかとなった9月初旬、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手のあるデータがアメリカで話題となりました。それは、田中投手の「フォアボールの少なさ」です。

 今シーズンの田中投手の成績は、現在29試合に先発登板して13勝4敗。ア・リーグの最多勝争いには絡んでいませんが(1位は20勝のリック・ポーセロ/ボストン・レッドソックス)、黒星はわずか4つのみ。勝率.764というすばらしい数字をマークしています。また、防御率3.04はア・リーグ2位、投球回数186イニング3分の2は同7位。昨シーズン終了後に右ひじの骨棘(こっきょく)除去手術を受けたことを考えると、信じられないピッチング内容と言えるでしょう。

 これほどの結果を残せている最大の要因は、コントロールのよさが挙げられます。ヤンキース入団1年目の2014年、田中投手が1試合平均で与えたフォアボール(与四球)の数は1.39個で、メジャー2年目の2015年は1.58個。いずれも規定投球回数には届かなかったものの、それを満たしていたと想定するならば、この数字はそれぞれア・リーグ4位、2位に相当します。

 すでに規定投球回数に到達している今シーズンは、現在ア・リーグ3位の1.49個。並み居るスラッガーが顔を揃えるメジャーリーグにおいて、3年連続でコンスタントに安定したピッチングを続けているのは特筆すべきことです。

この記事の続きを読む

1