【木村和久連載】アマチュアゴルファー、実力のピークは何歳か?

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第71回

 アマチュアゴルファーが最もうまくなる年齢、すなわち実力のピークは何歳ぐらいか?

 あっさり答えから言います。ゴルフ雑誌のアンケートなどのデータを基に集計すると、ズバリ50代だそうです。

 もちろん、これは統計上の数字ですから、個人差はあります。「20代でオレのゴルフ人生は燃え尽きた」という方がおられても、不思議ではありません。

 一般的な話をしますと、20〜30代でゴルフを覚えて、40代に向けて精進していきます。40代になってからは、体力的なピークはすぎてしまいますが、ボールをコントロールする技術が磨かれます。

 そして、50代になると、さらに体力は衰えていきます。しかし、最近のギアやボールは、それをカバーするほど進化していて、よく飛びます。ゆえに、"心・技・体"すべて備わってくるのが、50代というわけです。

 個人的な話で言うと、そうですねぇ、平均80台のスコアを連発していた50歳と51歳あたりが、自分のゴルフ人生のピークだったでしょうか。40代ではクラブ競技にいそしんでいましたが、腕前は発展途上でした。"瞬間最大風速"的にハンデ12になりましたが、平均スコアなら、今のほうが上だと思います。

 たまに、南総カントリークラブ(千葉県)や鶴舞カントリー倶楽部(千葉県)といった、かつてメンバーだったコースに遊びに行きますが、今ラウンドしたほうがいいスコアが出ますしね。当時は、妙なプレッシャーがあったのでしょう。今のほうが、力みも、しがらみもないので、のびのびプレーできるというのが、好成績につながっていると思います。

この記事の続きを読む

1