【月報・青学陸上部】「箱根」のメンバーに入ってきそうな1年生は?

■極私的! 月報・青学陸上部 第7回

 長野県御嶽での夏季選抜合宿――。

「はぁはぁ」

 クロスカントリー30kmを走る選手たちの息づかいが聞こえてくる。残り2、3kmになると苦しそうな表情を浮かべる選手、表情を変えずに淡々と走る選手に分かれ、走りに違いが出てくる。両者が混在する中、先輩たちに負けず、快走する1年生がいた。

「鈴木と吉田はいいよね」

 原晋監督は満足そうな笑顔を見せる。

 今年は春先から、「元気があって生命力のある1年生が多い。下田裕太ら今の3年生が1年生のときのような感じがするね」と原監督は1年生を高く評価していた。その期待通り、入学後わずか5カ月でぐっと伸びてきたのが1年生の吉田祐也と鈴木塁人(たかと)だ。ふたりは1次合宿を経て、選抜メンバー21名に入り、御嶽の選抜合宿に参加。すでに原監督から箱根駅伝での区間も提示されており、本番での走りも期待されている。

「吉田は特に目立った成績はないけど、春先からいい練習が積めているし、山登りのタイムもよかったからね。感じるものがあって選抜に入れたんですよ」

 原監督は吉田についてそういった。

 吉田が自らの評価を高め、原監督にその存在を強く印象づけたのが1次合宿、菅平トライアルだった。21kmの距離走で上りが5km程度あった。そこで選手が振り落とされ、山の適性がわかるのだが、そのときにしっかりとした走りを見せたのが吉田だった。

この記事の続きを読む

1