ジュニア世代の試合データから読み取る、8人制サッカーの可能性

「出場機会の少ない選手のために」というコンセプトのもと、今年から開催されているサッカー大会、ニューバランスチャンピオンシップ。7月のU-13大会(静岡・時之栖〈ときのすみか〉)に続き、U-12 大会が8月15日から、U-11大会が8月17日から、それぞれ3日間にわたってJ-GREEN堺(大阪)で行なわれた。

 この2大会では、ジュニアサッカー大会で定着している8人制が採用されている。試合時間は20分ハーフで、フィールドの大きさは11人制サッカーの半分。選手同士の距離が短く、コンタクトが多くなるのが特徴だ。

この記事の続きを読む

1