藤田和之が元大関・バルトと真っ向勝負「体ひとつでぶつかるだけ」

"猪木イズム最後の継承者"藤田和之が、9月25日(日)に開幕する「RIZIN無差別級トーナメント」に参戦する。1回戦の相手は、昨年末、MMA(総合格闘技)デビューを果たした元大関・バルト(31歳)。198cm、170kgという、とてつもなく巨大な敵に藤田は立ち向かうことになる。45歳のレジェンドファイターが「闘い」を続ける理由は何か? 

今年プロデビュー20周年の藤田。無差別級トーナメントは「ひと区切りつけるのにいい舞台」だという

──プロレス、MMA問わず、多彩なリングで活躍してきましたが、ご自身にとって「ホームリング」といえばどこになりますか?

「ホームリングですか? うーん、ホームリングは......四角いリング。主催がどこであれ、四角いリングが僕のホームリングですね。僕は、あのアゴの長い師匠に『四角いリングの中では、何をやってもいいんだよ』と教わった人間ですから。ルールは決められた通りだけど、その中で『自分で考えて闘え』と。それが俺たちの仕事だと、最初に教わりましたからね」

この記事の続きを読む

1