「あきらめない男」が殴り勝って3階級制覇。その名は、長谷川穂積

 長谷川穂積は、死に場所を探し彷徨(さまよ)っているように見えた。

 2011年4月、WBC世界フェザー級王座から陥落。2014年4月、IBF世界スーパーバンタム級のベルトに挑み、壮絶なTKO負け。翌年1月に現役続行を宣言し、同年5月に再起戦で判定勝ちするも、そこに往年の輝きはなかった。

 その試合、たしかに右足首じん帯断裂の影響や左ひじに痛みを抱え、満身創痍ではあった。それでも、全盛期の面影すらない姿に、ボクシングを"続けたい"のではなく、"辞められない"のではないか、そう思えてならなかった。ここではないどこか、自身の死に場所を求めて――。

 復帰2戦目となった2015年12月、WBO世界スーパーフェザー級5位のカルロス・ルイス(メキシコ)とのスーパーフェザー級10回戦。取材ノートに、この試合の走り書きが残っている。

「5R 被弾 セコンド タオル」

 長谷川は、3Rにもダウンを喫していた。5Rのダウンでセコンドは、タオルを投げ込もうとする。それを別のセコンドが必死に止めた。その後、立ち上がった長谷川に対し、セコンドからは何度も、「楽しんで!」との声が飛ぶ。それは言外に、「この試合が最後なのだから」という意味合いを含んでいるように思えた。試合中、長谷川がクリンチするたびに巻き起こる拍手は、観客からの「今日までよくがんばった」という労(ねぎら)いのようですらあった。

この記事の続きを読む

1