53歳、短距離界のパイオニア。永尾嘉章が挑んだ7度目のパラリンピック

「今回がメダルに一番近いと思っていました。(予選全体の)リザルトもちょっと落ちていたので、チャンスだっただけに本当に残念です」

 永尾嘉章(よしふみ/兵庫県加東健康福祉事務所)が挑んだ、車いすT54クラスの男子100m。予選は14秒76で第1組の2着。見事に着順で突破した。だが、決勝ではレース序盤からトップに一気に引き離れてしまう。14秒71と予選よりタイムは上げたものの、一番後方でゴール。結果は8位入賞。日本人唯一のファイナリストは、「悔しさしか残らなかった」と無念さをにじませた。

 このT54クラスは、車いすの中でもっとも障がいが軽いクラスだ。世界的にも選手層が厚い。とくに100mなど短距離レースでは、身体能力が高い欧米の選手が強いとされてきた。しかし、近年ではタイや中国の選手も力をつけてきており、アジア人も存在感を見せている。そんななかで永尾は長年、日本代表としてこの激戦区を主戦場としてきた。

 長年、と言ってもここ2〜3大会の話ではない。永尾が最初に出場したパラリンピックは、1988年のソウル大会だ。それから2008年の北京大会まで6大会連続で出場。今回のリオは、実に7大会目となる。

この記事の続きを読む

1