村田諒太&香川照之が予想する「中量級スーパースター」の激突マッチ

9月のボクシング祭り

 2016年9月は、世界のボクシングファン垂涎(すいぜん)のビッグマッチが連発。さる9月10日には、"ロマゴン"ことローマン・ゴンサレス(ニカラグア・29歳)が4階級制覇を達成し、3団体統一ミドル級王者のゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン・34歳)が貫禄のTKO勝利で防衛した。

 そして、9月後半戦も見逃せない。9月17日(日本時間9月18日)は人気・実力とも世界最高峰のサウル・アルバレス(メキシコ・26歳)が、そして9月24日(日本時間9月25日)には日本の帝拳ジム所属のホルヘ・リナレス(ベネズエラ・31歳)が、それぞれタイトルマッチに臨む。

 前編に引き続き、ロンドン五輪・金メダリストの村田諒太と、芸能界屈指のボクシング通で知られる俳優の香川照之氏に見どころを語ってもらった。

【WBO世界スーパーウェルター級タイトルマッチ】
サウル・アルバレスvs.リアム・スミス

 サウル・アルバレスは26歳にしてキャリア11年、49戦47勝(33KO)1敗1分の戦績を誇る。唯一敗戦した相手は、あのフロイド・メイウェザー・ジュニアだ。これまでスーパーウェルター級(WBA・WBC)、ミドル級(WBC)の2階級で世界タイトルを獲り、今回は本来の階級であるスーパーウェルター級に戻して王座奪回を狙う。

 迎え撃つ王者リアム・スミス(イギリス・28歳)はキャリア8年、24戦23勝(13KO)1分の好戦績。この一戦のオッズは8対1で「アルバレス有利」と出ているが、スミスは現在8試合連続KO勝利と勢いに乗っている。

この記事の続きを読む

1