トップ厩舎も思わず惚れた! ミスエルテは「全身がバネのよう」

厳選!2歳馬情報局(2016年版)
第17回:ミスエルテ

 ここ数年の日本競馬において、立て続けに活躍馬を輩出している厩舎がある。栗東トレセン(滋賀県)の池江泰寿厩舎だ。

 2011年の三冠を含めてGI6勝という実績を残したオルフェーヴルを筆頭に、昨年の古馬GIを2勝したラブリーデイ(牡6歳)、昨年の3歳牝馬戦線で二冠を達成したミッキークイーン(牝4歳)など、3歳クラシックや古馬戦線で話題となる馬を毎年送り出している。

 今年も、管理馬のサトノダイヤモンド(牡3歳)が3歳クラシックで活躍。GI日本ダービー(東京・芝2400m)ではハナ差2着と奮闘した。大レースには何かしら有力馬を送り込むほどの、まさに日本競馬界きっての名門厩舎だ。

 そんなトップチームにおいて、来春の牝馬クラシックでの活躍が見込まれている、厩舎期待の2歳馬がいる。ミスエルテ(牝2歳/父フランケル)である。

 数多くの名馬に携わってきた池江調教師が、同馬に惚れ込むのは無理もない。その血統が何より素晴らしい。父はヨーロッパで14戦全勝、うちGI10勝を挙げたフランケル。引退後、種牡馬となった「怪物」の初年度産駒である。

この記事の続きを読む

1