台湾のレジェンド選手・張泰山が語る「日・台・韓」の野球の実力

 1990年に発足というまだ歴史の浅い台湾プロ野球において、唯一、通算2000本安打を記録した「レジェンド」が日本でプレーしているのをご存じだろうか?

 その男の名は張泰山(チャン・タイシャン)。1996年に彗星のごとくデビューし、この年新人王に輝くと、台湾プロ野球20シーズンで3チームを渡り歩き、いずれのチームも優勝に導いた。個人タイトルも本塁打王3回、打点王4回、最多安打2回、MVP1回と、まさに「レジェンド」と呼ぶにふさわしい足跡を残している。

 また、これまで国際大会にも数多く出場し、長年にわたり台湾代表チームの「顔」でもあった。そんな張が、今シーズンを四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスで過ごしている。その理由を「森林王子」(台湾でのニックネーム)に聞いてみた。

── 台湾リーグで輝かしい実績があり、国際舞台でも2度のオリンピックに加え、WBCでも主力打者として出場。そのあなたが、なにゆえに日本の独立リーグでのプレーを選んだのですか?

「じつは昨シーズンが終わった後、一度は引退したつもりだったんですよ。でも、今年6歳になる子どもが『パパのプレーが見たい』ってね(笑)。ようやく野球のことがわかってきた年齢で、自分のプレーを見せておかないと、彼の記憶に自分のユニフォーム姿が残らないのではと思ってね。それに、一度、台湾以外のリーグを経験したいと思いましたので。それで、かつての所属チーム(統一ライオンズ)の監督だった中島(輝士)先生が監督をしているこの徳島インディゴソックスの門を叩いたのです」

この記事の続きを読む

1