もう錦織のワンマンチームじゃない。デビスカップ上位進出を狙う日本

 男子テニス国別対抗戦デビスカップ・ワールドグループ(以下WG)プレーオフ「日本 vs. ウクライナ」が、大阪で開催され、日本(ITF国別ランキング16位、以下同)は、5戦全勝(初日にシングルス2勝、2日目にダブルス1勝、最終日にシングルス2勝)でチームの勝利を確定させ、WG残留を決めた。

 今回は日本のエースである錦織圭(ATPランキング5位、9月12日付け、以下同)が、シングルスを戦わず、ダブルス1試合だけをプレーし、若手2人がシングルスでプレーするという今までにない日本代表の布陣で臨み、違う形で勝利したことに意味がある。

 錦織はUS(全米)オープンでベスト4まで残ったため、当然のことながら翌週のデビスカップまでに回復せずに、夏に蓄積された疲労が残った。シングルスに初めて抜擢されたチーム最年少で20歳の西岡良仁(96位)は、「全米を見たが、疲れるのは間違いないですし、(錦織を)できれば休ませてあげたいなというのはありました」と先輩を慮(おもんぱか)った。

 オープニングマッチでは、ダニエル太郎(88位)が、セルギ・スタコフスキ(105位)に7−6(4)、7−6(2)、6−1、で勝利し、日本に貴重な1勝目をもたらした。

この記事の続きを読む

1