FW岡崎 英で出番なく危機感

ライバル出現に岡崎慎司が危機感あらわ。「厳しいFW争いやな」

 レスター・シティ岡崎慎司が、2試合連続で出番を与えられなかった。

 9月17日に行なわれたバーンリー戦で、「ベンチスタート+出番なし」。昨季も出番のない試合はあったが、2試合連続はレスター加入以来、初めてのことである。しかも2トップは、前回のクラブ・ブルージュとのCLグループリーグ第1節に続き、ジェイミー・バーディーとイスラム・スリマニのふたり。ローテーション制を採用せず、新加入のスリマニを連続起用した。

 試合結果は3−0の快勝で、そのスリマニが2ゴールを挙げた。ベンチ入りした岡崎、アーメド・ムサ、レオナルド・ウジョアのFW3人を最後まで起用しなかったことからも、クラウディオ・ラニエリ監督が試合内容と新2トップの出来に満足しているのが伝わってきた。

 こうした状況に、タッチライン際でアップを繰り返していた岡崎も危機感を募らせる。クラブ・ブルージュ戦後は欠場に対して落胆の色が強かったが、バーンリー戦後は起用されない事実を重く受け止めていた。

「ここまで2トップがフィットされたら、結構、今までにないくらい......なんていうんですかね......今日は出番すらもらえなかったわけじゃないですか。現状維持じゃ、もう(試合に)出られないのは間違いない。スリマニ? 点が獲れて、ボールも収められて、プレッシャーもかけられる選手が現れた。(全体的なプレーの)水準が高く、プレッシャーの強度もウジョアより高い。

この記事の続きを読む

1