スペインの知将がW杯予選の日本を分析。「心配する必要はない」

「まず、UAE戦の日本は負けるような戦いはしていない。しかし、重大な戦術的欠陥はあった。敵陣に入ったとき、選手たちのポジションや動き方には偏りがあり、ポジション的優位を失っていた」

 ロシアW杯アジア最終予選、日本の戦いを、ミケル・エチャリ(69歳)はそう言って鋭く分析している。

 エチャリは現在、バスク代表監督(FIFA非公認)を務める。リーガエスパニョーラの古豪、レアル・ソシエダで20年近くにわたり、強化部長、育成部長、ヘッドコーチ、セカンドチーム監督、戦略担当などを歴任。「バスクフットボールの父」の異名をとり、鋭く詳細な洞察力で、「ミスター・パーフェクト」とも呼ばれる。豊富な見識によって、ホセバ・エチェベリア、ハビエル・デ・ペドロ、シャビ・アロンソといった選手を発掘してきた。

 エチャリは『日本サッカースカウティング127選手』(東邦出版)を出版するなど、2009年から日本サッカーを定点観測し、造詣も深い。ロンドン五輪の躍進、ザックJAPANの危うさ、清水エスパルス時代の岡崎慎司の飛躍も言い当てている。

 では、スペイン人指導者が世界標準で見たハリルJAPANの実像とは?

この記事の続きを読む

1