希望か、絶望か。Bリーグ開幕で日本バスケの「明日」はどっちだ

 9月22日、いよいよ「Bリーグ」が開幕する。Bリーグ元年に参戦するクラブは、B1(18チーム)、B2(18チーム)、B3(9チーム)の合計45クラブ。B1に参戦するのは、以下のクラブだ。

【B1開幕対戦カード】
アルバルク東京 vs. 琉球ゴールンデンキングス
栃木ブレックス vs. 秋田ノーザンハピネッツ
千葉ジェッツ vs. 仙台89ERS
横浜ビー・コルセアーズ vs. サンロッカーズ渋谷
富山グラウジーズ vs. 新潟アルビレックスBB
三遠ネオフェニックス vs. 川崎ブレイブサンダース
滋賀レイクスターズ vs. シーホース三河
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ vs. 京都ハンナリーズ
大阪エヴェッサ vs. レバンガ北海道

 B1は6クラブずつ、東地区(北海道・仙台・秋田・栃木・千葉・東京)、中地区(渋谷・川崎・横浜・新潟・富山・三遠)、西地区(三河・名古屋・滋賀・京都・大阪・琉球)の3つに分けられ、各クラブは同地区のクラブと36試合、他地区のクラブと24試合、計60試合のレギュラーシーズンを来年5月まで行なう。レギュラーシーズンの結果、B1の上位8チーム(各地区上位2チーム+ワイルドカード2チーム)がプレーオフ・トーナメント「チャンピオンシップ」を戦い、決勝戦「ファイナル」で初代Bリーグ王者が決定。もちろん毎シーズン、入れ替え戦による昇格・降格もある。

 9月22日に行なわれる「NBL出身の古豪」アルバルク東京と「bjリーグ最後の王者」琉球ゴールデンキングスの一戦は、日本バスケではかつてない待遇と言える地上波、しかもゴールデンタイムの生放送が決まっている。また、会場となる国立代々木競技場・第一体育館のコートは、公式戦では世界初となる全面LEDコート、国内最大級の大型ビジョンを活用。多くの芸能人も登場し、会場を彩ることとなる。

この記事の続きを読む

1