【木村和久連載】会員よりも、まずは「友の会」に入るのがおトク

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第72回

 ゴルフ会員権は高額だし、たとえメンバーになったとしても、クラブ競技に参加するのは、だいぶ先の話になります。けど、「自分のコースのようなものを持ちたい」と考えている方は、結構多いようです。

 そんな方にお勧めなのが、「友の会」というシステムです。

 通常「友の会」は、会員制のゴルフ場が運営しています。そこそこ名の知れたゴルフ場が理事会の承認を得て、メンバーでなくても、メンバーのように振る舞ってプレーしてもいいですよ、と「友の会メンバー」を集めるわけです。「年次会員」という呼び方をするところもあります。

 料金は、平日会員で年間1〜3万円から。土日、祝日を含めた全日のフル会員を募集するところは少ないですね。やはり平日はすいていますから、その空いている時間帯を利用して、「友の会メンバー」にプレーしてもらうのです。

 たとえ1〜3万円の会費としても、500人ぐらい集まってみなさいよ。かなりのお金がゴルフ場に入ってきます。つまり、コース側にとっては"オイシイ"副収入になるのです。正規メンバーに対しても、「ゴルフ場の運営のためにご理解のほどを」などと言い訳しておけば、それで自分の買った会員権が暴落しないのなら、メンバーさんもよしとします。

この記事の続きを読む

1