インディカーの年間王者はパジェノー。佐藤琢磨の来季はどうなる?

 フランス出身、32歳のシモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)は、開幕からの2戦で連続2位となり、ポイントリーダーとなった。そしてとうとう一度もその座を明け渡すことなく、初の年間王者まで突っ走った。

 年間16戦のインディカー・シリーズ最終戦の地はカリフォルニア州サンフランシスコ近郊のソノマ。アップダウンが激しく、かつ高速の難コースで、パジェノーは今季7回目のポールポジションをつかみ、5回目の優勝を飾った。ポールと勝利の数は、もちろんどちらも今シーズン最多だ。まさに圧倒的な成績での王座獲得となった。

 最終戦を前にランキング2位で逆転チャンピオンの可能性をただひとり残していたのは、パジェノーのチームメイトのウィル・パワー(チーム・ペンスキー)だった。3度もランキング2位で涙を飲んだ後の2014年に、とうとうチャンピオンに輝いた実績の持ち主。タイトル奪取は厳しい状況にあったが、過去にポール5回、優勝3回と得意とするコースでもあり、勝って大逆転......という可能性も決して低くはなかった。

 しかし、今シーズンにパジェノーが見せてきた強さが本物であることが、最終戦の戦いぶりで証明された。

この記事の続きを読む

1