「残留の達人」アルビレックス新潟に迫る過去最大級の降格危機

 J1セカンドステージは残すところ、あと5節。優勝争いとともに、残留争いも佳境を迎えている。

 現在(セカンドステージ第12節終了時)、年間勝ち点で17位・アビスパ福岡と、18位・湘南ベルマーレはいずれも勝ち点19。残留圏内の15位・アルビレックス新潟の勝ち点27とは、勝ち点8の差がついている。

 残り5試合でこれを逆転することはかなり難しく、勝ち点で最下位の2クラブは、J2降格がほぼ決定的な状況だ。

 こうなると、J2降格はあと1枠。だが、最後の"ババ"を誰に引かせるのか、その争いは予断を許さない。

 一時は、セカンドステージ未勝利の名古屋グランパスでほぼ決まりか、という状況にもなりかけていたが、名古屋はセカンドステージ第11節で19試合ぶりに勝利。DF田中マルクス闘莉王の電撃復帰というカンフル剤の投入もあり、残留争いは混とんとし始めている。

 久しぶりの名古屋の勝利で、逆に尻に火がついたのは、その試合で名古屋に敗れた新潟である。

 新潟は、続く第12節でも横浜F・マリノスに1−3で敗れ、3連敗。辛うじて残留圏内の15位にとどまっているとはいえ、勝ち点23の16位・名古屋と勝ち点差4では、どう転んでも不思議はない。

この記事の続きを読む

1