日本ハム・高梨裕稔「3年目の飛躍」をジョニー黒木は確信していた

 パ・リーグは3連覇を狙う福岡ソフトバンクホークスと、4年ぶりの優勝を目指す北海道日本ハムファイターズが熾烈な首位争いを繰り広げている。ただ、シーズン序盤のソフトバンクの独走ぶりを考えると、この展開は予想しえなかったと言っていいだろう。独走から一転、2強のマッチレースになった要因は、ソフトバンクの失速もさることながら、それ以上に日本ハムの大躍進が挙げられる。

 6月24日の時点で最大11.5ゲーム差をつけられていた日本ハムだが、6月19日から7月11日まで15連勝など快進撃を続け、あれよあれよという間にゲーム差を縮めていった。

 この日本ハムの快進撃を支えた立役者のひとりが、3年目右腕の高梨裕稔(たかなし・ひろとし)だ。9月18日のロッテ戦で6回を1失点と好投し、今季10勝目を挙げた高梨は、防御率も2.44をマークするなど、今や日本ハム先発陣にとって欠かせない存在になっている。3年目とはいえ新人王の資格を有し、楽天のルーキー・茂木栄五郎とタイトルを争っている。

 開幕一軍入りを果たした今季、高梨はストレートの球威を評価されて6月初旬まで中継ぎとして23試合に登板し、防御率1.82と安定した成績を残していたが、交流戦中に頭数不足により先発に転向した。

 6月8日の広島戦で先発として初勝利を挙げると、8月13日の楽天戦では初完封勝利。先発転向後も着実に結果を残してきた。

この記事の続きを読む

1