【卓球】松下浩二が提言。「今こそプロリーグを設立すべき時期」

 日本人初のプロ選手である松下浩二氏は、リオ五輪を「日本卓球界にとって最高の大会」と評した。ただ同時に、「だからこそ今、足もとを見つめ直さなければいけない」と不安ものぞかせる。4年後に開催される東京五輪、そして将来の日本卓球界のために何をすればいいのか、松下氏に話を聞いた。

■日本人初のプロ選手・松下浩二が「卓球ニッポンの未来」を語る@後編

―― リオ五輪の好成績を受け、東京五輪でのさらなる活躍が期待されています。

松下浩二(以下、松下):たしかに世間では、『4年後は金メダル!』という雰囲気がありますね。男子は今大会で団体銀メダルを獲得し、強豪・中国の背中に手をかけたことを考えれば、この4年間の使い方次第では可能性もあると思います。

 しかし、多くの競技で衰退の原因を探れば、好成績を残した時点から実は失速が始まっていたように、今こそ足もとを見つめ直さなければ、4年後の東京五輪ではリオの成績を下回る可能性もありますし、今後何年経ってもリオの成績を上回れない可能性すら高いと思います。『好成績を収めたのに、何かを変える必要があるのか?』と思う人も多いでしょうが、注目を集める今だからこそ、変化のときだと私は考えます。

この記事の続きを読む

1