PKを26本決められ続けた男。シレッセンはバルサの正GKになれるか

【サイモン・クーパーのフットボール・オンライン】バルサの第2GK、ヤスパー・シレッセン物語(後編)

 アヤックスからバルセロナに控えGKとして移籍したヤスパー・シレッセンには、カリスマ性のかけらもない。髪は金髪で、見た目はひょろりとしていて、11歳の女の子にも間違えそうな風貌だから、敵の攻撃陣をひるませるようなことはありえない。

 だが集中力はすばらしく、キャリアの最初の5年間にはほとんどミスをしなかった。彼が止めたシュートの割合は、つねにオランダリーグで指折りの高さだった。

「ヤスパーの最大の強みは、ミスのない安定したプレーだ」と、アヤックスのGKコーチ、カルロ・ラミはオランダの雑誌「フットバル・インターナショナル」に語っている。

 シレッセンがアヤックスの前に在籍したNECナイメヘンで、彼に正GKの座を奪われたハンガリー人のガボル・バボスは、こう語る。「ヤスパーは本当に11人目の選手としてプレーする。コーチングもよくやるし、DFへの指示もうまい。1対1にも強い。彼は最後の最後まで左右に飛ぶのを我慢する。だから相手選手の動きが読めるのだろう」

 しかもシレッセンは、両足をほとんど同じように使える。だがヨハン・クライフのGK観の流れをくむ「グローブをはめたフィールドプレーヤー」と呼ばれることについては、昨年こう語っている。

この記事の続きを読む

1