Bリーグ開幕! 「バスケ新時代」成功のカギは選手の成長とプロ意識

「WOW(ワァオ)!」

 アリーナが興奮と感動のるつぼと化した。ついにバスケットボール男子の新しいプロリーグ『Bリーグ』が幕を開けた。9月22日午後6時50分。大河正明チェアマンがコート上で声を張り上げた。

「バスケットボールで日本を元気にしたい。その思いを胸に大きな夢と高い志を持って、Bリーグは未来に挑戦していきます。ブレイク・ザ・ボーダー(境界を壊せ)。2016年9月22日、Bリーグの開会を宣言します」

 東京・国立代々木競技場には「9132人」の観客が押し掛けた。他競技と比べると、女性、若者が目立つ。豪華なオープニングセレモニーに酔いしれ、おそらく新たなリーグの船出に気持ちを高ぶらせただろう。

 記念すべき開幕カードは、昨季のNBLレギュラーシーズンの勝率1位だったアルバルク東京(A東京)と、昨季のbjリーグで最多4度目の優勝を果たした琉球ゴールデンキングス。メディアは「エリート軍団×雑草軍団」とはやしたてた。

 まばゆいばかりの光と、耳の奥に響く音が試合をショーアップする。床に敷かれた大きなLEDビジョンの上に映し出されたコートが晴れの舞台となった。何もかもが革新的。琉球の岸本隆一主将はこう、漏らした。

この記事の続きを読む

1