J3降格危機からJ1昇格争いへ。7月を境に横浜FCで何が起きたか

 9月18日、ニッパツ三ツ沢競技場は厚い雲が低く立ちこめ、小雨がぱらついていたが、人々のどよめきにはそれを振り払う熱があった。エースのイバが2得点し、守護神の南雄太が2度のPKをストップ。雨に濡れながら声援を送ったホームのファンにとって、これ以上ない劇的な勝利だった。

 J2で7位の横浜FCはこの日、6位の京都サンガを2−0と下し、勝ち点差を4に縮めている。プレーオフ出場権の6位以内を巡る攻防。横浜は見事にその差を縮めたわけだが、7月の時点ではむしろ降格圏に近い順位だった。それが最近の11試合で7勝3分け1敗。破竹の勢いを見せている。

 2007年以来のJ1復帰に向け、横浜FCに何が起こっているのか?

 一つのきっかけは、今年6月で現役を引退し、7月に横浜FCの強化ダイレクターに就任した福田健二(38歳)にあるだろう。

 福田は名古屋グランパス、FC東京、ベガルタ仙台でプレーした後、パラグアイ、メキシコ、スペイン、ギリシャで戦い続け、生まれ故郷の愛媛に戻った後、香港でスパイクを脱いでいる。香港での最後のシーズンは、「リーグ年間人気投票」で、中国代表を完封して英雄になった香港代表GKを制して1位に輝いた。若手に与える影響が大きく、香港代表スタッフのオファーも受けたほどだ。

この記事の続きを読む

1