ついにタイガー・ウッズがツアー復帰を表明。サプライズ登場説も浮上

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

「ハロ〜、ワールド〜」

 この言葉を覚えているだろうか? これは20年前、1996年8月にプロ転向を表明したときの、タイガー・ウッズ(40歳/アメリカ)の第一声だ。

 スタンフォード大学の2年生だったウッズは、その前週に全米アマチュア選手権で史上初の3連覇を達成したばかり。その動向にますます注目が集まる中でのプロ入り発表に、ゴルフ界のみならず、世界中が大いに沸いた。

 その際、冒頭に発したウッズの言葉は、「これから僕は全世界に旅立つんだぞ。その世界へ、ちゃんと挨拶しなくちゃね」という、壮大な意思表明として捉えられた。そして事実、ウッズはプロ入り後、次々とゴルフ界の記録を塗り替えていった。

 そんなウッズのプロ20周年を祝って、最近アメリカでは多くのメディアで、これまでのウッズの功績を改めて紹介する特集が組まれている。そこでは、ツアー通算79勝、メジャー勝利数14という素晴らしい記録を称えるとともに、ウッズの本当の功績は「ゴルフが人種を超えたスポーツになったこと」であり、さらに「アスリートゴルフの確立」だと称賛されている。

 さて、そのウッズがついに公式戦への復帰を表明した。

 2016−2017シーズンの開幕戦、セーフウェイ・オープン(10月13日〜16日/カリフォルニア州ナパバレー)で復帰するという。ウッズにとっては、昨年8月のウィンダム選手権以来、およそ1年2カ月ぶりの実戦となる。

この記事の続きを読む

1