冠名「サトノ」&池江厩舎の高馬。今年の期待馬アーサーの前評判

厳選!2歳馬情報局(2016年版)
第18回:サトノアーサー

 競走馬のセリ市として、国内外から注目を集める「セレクトセール」。ここでは毎年、億を超える高額馬が続出する。そして、そういったセレクトセール出身の"高馬"たちは、2歳秋を迎えると、次々にデビューし始める。

 10月1日の2歳新馬(阪神・芝2000m)でデビューするサトノアーサー(牡2歳/父ディープインパクト)も、その一頭。2015年のセレクトセールにおいて、1億9500万円(税抜)の値をつけた"エリート"である。

 母は、ニュージーランドを本拠地にして現役時代を過ごしたキングスローズ。オーストラリアを含めた南半球で活躍し、重賞6勝という輝かしい成績を残してきた。その中には、GIニュージーランド1000ギニー(ニュージーランド・芝1600m)も含まれている。

 そうした血統背景とセールの高値によって、まずは注目を集めたサトノアーサーだが、素質的にはどうなのか。育成を担当したノーザンファーム早来の伊藤隆行氏は、今春の取材ではこう話していた。

この記事の続きを読む

1