Bリーグ発足に危機感? バレーボール新リーグ構想に勝算はあるか

 日本バレーボール機構(Vリーグ機構)は20日、嶋岡健治会長の再任とともに、2018-19シーズンから開幕する新リーグ創設の構想を発表した。新リーグ「スーパーリーグ」は、11月末までに6チーム以上の参加があれば、開幕に向けて準備を進める。現行のプレミアリーグ、チャレンジリーグとは併存する。

 スーパーリーグの参加チームは独立した運営母体を持つことが資格となる。選手の契約形態は当面は自由。ただし、監督はプロ契約であることが求められ、各チームは下部のユースチームを持つことも条件となる。外国人枠は従来の1に加えて、アジア連盟に属する枠を1増やす。

 嶋岡会長は「企業が主体となる部活のようなあり方から脱却する。地元に根ざしたチームの方が、選手のやりがいがある」と語った。チーム名には企業名を入れてもよいが、地域名は必ず入れなければならない。試合はホーム&アウェーを基本とし、その収益はホームチームに入る。チームの数が多くなれば東西カンファレンス制をとって遠征費を抑える。

 今、なぜ新リーグ構想なのか。「テレビ放送拡大の限界、体育館確保の競合激化と大会開催の困難化、歯止めのかからない競技者数の減少などにより、Vリーグは危機的状況にある。バレーボールの魅力を再構築し、現在の閉塞状態をブレークスルーするには今が最後の機会だ」とVリーグ関係者は語る。

この記事の続きを読む

1