ホークスを最強軍団に変える。根本陸夫が果たした最後の仕事

 優勝へのマジックナンバー点灯は先を越されたものの、ソフトバンクが3年連続日本一を目指すことに変わりはない。過去、日本シリーズで3連覇以上を達成したのは巨人、西鉄(現・西武)、阪急(現・オリックス)、西武の4球団しかない。5球団目になれるか否かは"神のみぞ知る"だが、それだけの強さは近年のプロ野球では稀である。

 ソフトバンクが3連覇を達成すれば1992年の西武以来となるが、強さの源流をたどると、じつは黄金期の西武に行き着く。まさに92年オフ、ひとりの男がライオンズからホークスへと"移籍"したことが原点だった。

 男の名は、根本陸夫。西武では監督を3年間務めてフロント入りすると、実質的なGMとしてチーム強化を推し進めた。監督に広岡達朗、森祇晶を招聘し、トレードで戦力を整える一方、有望な新人獲得のために裏技も駆使したことから、"球界の寝業師"とも呼ばれた。黄金期は根本なくして築かれなかったといわれる。

 その実績に注目したのが、ソフトバンクホークスが前身のダイエーホークスだった時代のオーナー・中内功で、根本を監督兼球団取締役として迎え入れた。監督ではあるが、周囲からは、いずれダイエーでもフロント入りするはずと見られていた。当時、中内から根本のサポート役に任命され、のちに球団副本部長と球団代表を務めた瀬戸山隆三(現・オリックス球団本部長)が、監督1年目の93年を振り返る。

この記事の続きを読む

1