ロッシもついに白旗か? マルケス今季4勝目を挙げて日本GPへ

 スペイン3回目のレースとなる第14戦・アラゴンGPの決勝レースは、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)が前評判どおりの強さを発揮して優勝。今季4勝目を挙げた。

 ランキング首位をずっと維持してきたものの、マルケスは前半戦最後の第9戦・ドイツGPで優勝を飾って以来、勝利を逃している。サマーブレイク後に2週連続のレースが2回続いた4戦では、第11戦・チェコGPで3位を獲得したのみで、それ以外は5位(第10戦・オーストリアGP)、4位(第12戦・イギリスGP)、4位(第13戦・サンマリノGP)と微妙に表彰台をはずしてきた。

 今回のレースウィークでは、金曜のフリープラクティスから2番手タイムにつけて速さを発揮し、土曜にはレースペース、一発タイムともに他選手よりも頭ひとつ抜け出した内容のセッションで、必勝パターンのポールポジションを獲得した。

 だが、総合2番手だった金曜のレース初日には、「ここは好きなコースだけど、特別にリスクを取るようなことはしないつもりだ。決勝では2位や優勝、とにかく表彰台を目指して走りたい。去年は攻めすぎるあまり、2周目に転倒してしまったように、1戦で状況は変わってしまう可能性もあるわけだから、落ち着いて走らなければならない」と、あくまでチャンピオンシップ獲得に重点を置いた慎重なコメントだった。

この記事の続きを読む

1