マンチェスター・Uに大敗。なぜラニエリは岡崎慎司を出さない?

 9月24日に行なわれたマンチェスター・ユナイテッド戦で、レスター・シティの岡崎慎司に出番はなかった。

 試合の4日前に行なわれたリーグカップで先発し、2ゴールを挙げる活躍で定位置獲りにアピールした。しかし2トップの入ったのは、この日もFWジェイミー・バーディーとFWイスラム・スリマニのふたり。ベンチスタートの岡崎に最後まで出番の声はかからず、国内リーグ戦では2試合連続の「出番なし」となった。

 しかも、肝心のチームパフォーマンスも奮わなかった。前線からのプレス強度も、中盤の寄せも、最終ラインの堅実性もまったくと言っていいほどなく、マンチェスター・Uに1−4で大敗した。失点の仕方にも難があり、CKからヘディングシュートで先制点を許すと、MFフアン・マタ→MFポール・ポグバ→MFジェシー・リンガードときれいにパスを回され、最後はマタに2点目を決められた。

 極めつけは3点目。CK時に集中がプツリと切れ、素早いリスタートからいとも簡単に失点した。CKからパスを受けたマタと、ゴールを決めたMFマーカス・ラッシュフォードのふたりがいずれもノーマークだったあたりに、レスターの体たらくぶりが表れていた。

 CKからふたたび失点してリードを4点に広げられると、クラウディオ・ラニエリ監督はハーフタイムでバーディーとMFリヤド・マフレズをベンチに引っ込めた。試合後、イタリア人指揮官が「(3日後に行なわれる)チャンピオンズリーグに備えて、ふたりに休養を与えた」と語ったように、この時点で勝負は決したようなものだった。

この記事の続きを読む

1