ドラフトまで1カ月。セ・リーグ6球団別「必要なのはこの選手」

■ヤクルト

 チーム防御率4.74(9月25日現在)は、断トツのリーグ最下位。それでも、最後までクライマックスシリーズ進出をかけた戦いを繰り広げられたのは、リーグ2位の573得点を叩き出した強力打線によるところが大きく、山田哲人を筆頭に20代の野手が多いのも心強い。

 ところが投手は、以前から「ヤクルトには野戦病院がある」といわれるほど故障者が続出する傾向が改まらない。補強ポイントははっきりしている。昨年のドラフトでは、1位で獲得した東洋大のエース・原樹理のほかに、高校生投手をふたり獲得したが、少ない、少ない......。今年はもっと貪欲に、投手の補強に励みたい。

 夏の甲子園優勝投手の今井達也(作新学院)は、真中満監督の地元・栃木の選手だし、いかにもヤクルト好みのしなやかな腕の振りをしたピッチャーだが、同じ高校生なら寺島成輝(履正社)を狙いたい。卓越したマウンドさばきとコントロールのよさ。遅くとも夏前から一軍ローテーションに入り、結果を出すと見ている。

 2位は150キロを超す剛球に加え、器用さも兼ね備えている中塚駿太(白鴎大)でどうか。ここに来て人気急上昇の中塚だから、"外れ1位"の可能性もある。ならば、黒木優太(立正大)でもいいし、頑丈な左腕・濱口遥大(神奈川大)も見逃せない。いずれにしても、今のヤクルトにとって"頑丈さ"はすべてにおいて最優先事項である。

この記事の続きを読む

1