「不調だった」今季、キャリアハイの成績を収めた松山英樹の本音

 米ツアー2015−2016シーズンの最終戦となるツアー選手権(9月22日〜25日)が、ジョージア州アトランタ(イーストレイクGC、パー70)で開催された。見事優勝したのは、通算12アンダーで並んだライアン・ムーア(33歳/アメリカ)、ケビン・チャペル(30歳/アメリカ)とのプレーオフを制したロリー・マキロイ(27歳/北アイルランド)。初の年間チャンピオンにも輝いて、1000万ドル(約10億円)のビッグボーナスを手にした。

 日本期待の松山英樹(24歳)は、初日首位に立ったものの、最終的には通算6アンダー、5位に終わった。「ラッキーも多かったし、よく4日間戦えたな、と思う」と、決して本調子ではない中で奮闘。フェデックスカップ・ランキングは自己最高となる13位まで上げて、今季を締めくくった。

 大会前は、かなりの苦戦が予想された。練習ラウンドではショットが乱れ、ティーショットは何度も打ち直していた。ショットのあと、クラブから手を離すシーンも再三見られ、松山から漏れる言葉はネガティブなものばかりだったのだ。

「(1週間の)オフの間は楽しく過ごして、練習もしていましたよ。でも、絶不調です......。ティーショットも、アイアンも、全部です。パターはちょっとマシになってきた感じはしますけど、光がまったく見えないです。真っ暗闇というか、池の底にいるというか......。

この記事の続きを読む

1