さらば番長。三浦大輔がプロ初登板の日に誓った「最後の真剣勝負」

 9月29日の横浜スタジアム最終戦で、横浜DeNAベイスターズの三浦大輔が25年におよぶ現役生活の幕を閉じる。

 20日に横浜市内で行なわれた引退会見で、ファンに向けてのメッセージを求められた際、三浦はそれまで抑えていた感情が乱れたのか言葉を詰まらせ、目に涙を浮かべた。自身の引退そのものではなく、ファンに対する想いに駆られたゆえの感情の高ぶり――誰よりもファンに愛され、誰よりもファンを大切にした三浦ならではの姿といっていいだろう。

 1991年、ドラフト6位で指名された無名の高校生は、生き馬の目を抜く世界で見事に成り上がり、ついには四半世紀の時を経て惜しまれながら引退を決意した。現役を退く理由をシンプルに「勝てなくなったから」と言うだけあって、とにかく飽くなき闘争心の持ち主だった。

 これまで幾度となくインタビューをしてきたが、常にポジティヴで不屈。ケガや不調など苦しいことが背後にあるのはわかっていても、本人は決して弱音を吐かず、ときにはユーモアを交え意欲的な発言を貫き通す。

 以前、愚問とは理解しつつ次のような質問をぶつけたことがある。すでにプロとして十分なキャリアを積み、余りある金銭も名誉も手に入れている。しかしながら、なぜ三浦大輔は常にハングリーでいられるのか? 答えは明瞭だった。

「やっぱ勝ったときとか、優勝したときの喜びっていうのかな、アレが一番大きいんですよ」

この記事の続きを読む

1