【木村和久連載】推奨、アマチュアはディボット跡から打つべからず

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第73回

 ゴルフコースに行くと、人がボールを打った跡、すなわちディボット跡が無数にありますよね。あれは、アマチュアレベルで言うと、ターフを取った跡ではなく、ダフリの跡が多いんですけど......。まあ、どっちでもいいのですが、その部分は見事に芝生がはぎ取られ、地面が露出しています。そんなディボット跡にボールが入ってしまうと、実に難儀。精神的に参ってしまいます。

 これは、ディボット跡から打つのが下手だから「苦手」と言っているわけではありません。あまり飛びませんが、そこそこ叩かない程度に、ディボット跡からでも打てています。

 ここで疑問視しているのは、芝生のメンテナンス&保護の問題です。

 ディボット跡は、コースの"擦り傷"みたいなものです。砂をかけて目土(めつち)をすれば、数カ月先には芝が生えてきます。ゴルフとは、そういうものです。

 でも、人間の体に例えると、ディボット跡から打つのは、「転んで擦りむいた傷口に塩を擦り込む」ようなもの。なにも、傷つけられて養成中の芝生の上で、さらにボールを打つ必要があるのか、疑問です。

 もちろん、通常のラウンドではそんなことを考えることもなく、ディボット跡からバカスカ打っていますけど。ただ気になるのは、微妙なレイアウトのコースで、ディボット跡が集中している場合です。池の手前とか、ドッグレッグの曲がり角とか、ですね。

この記事の続きを読む

1