第1シードの錦織圭。楽天オープンを制してロンドンへの切符をつかむ

 錦織圭(ATPランキング5位、9月26日付け)が、日本唯一のATPワールドテニスツアー公式戦・楽天ジャパンオープンに、今年も帰ってくる。2012年、2014年に続く3回目の優勝を目指す錦織は、母国開催の大会への思いを次のように語る。

「特に最初の優勝の時は、すごく自分を成長させてくれたと感じた。精神的に、日本でやるというプレッシャーの中で打ち勝って優勝できた。地元でやれるうれしさがあったり、待ってくれていたファンがたくさんいたり、日本ならではの環境なので、自分の存在をしっかり示せるようにプレーしたい」

 夏のハードコートシーズンは超過密スケジュールだったにもかかわらず、錦織はリオ五輪で初めて銅メダルを獲得し、96年ぶりに日本男子テニス選手としてメダルを持ち帰った。さらに、夏のピークに見据えていたUS(全米)オープンではベスト4に入り、全グランドスラムを通じても2年ぶりの準決勝進出となって、トッププレーヤーとしての意地を見せた。

「欲を言えば、もうちょっと他のグランドスラムでも、ベスト4や決勝に行けるぐらい頑張りたかった。USオープンであれだけいいテニスができてベスト4まで行けたので、徐々にレベルアップはしているなと感じる」

 9月中旬の男子テニス国別対抗戦・デビスカップ終了後、つかの間の休養を取り、疲労の回復を図りながら、9月29日まではトレーニング中心のメニューで、かなり自分を追い込んで体づくりをしたという。

この記事の続きを読む

1