ケンブリッジ飛鳥「10秒切りは近いうちに。目標はその先にある」

 リオ五輪・陸上男子400mリレー決勝、桐生祥秀からバトンを受けたケンブリッジ飛鳥は、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)に次ぐ2位でゴールを駆け抜ける。そのタイムは、予選でマークしたアジア記録(37秒68)を更新する37秒60。

 ケンブリッジは、自身が走り抜けた10秒弱を、こう表現した。

「今までの100mで一番短かった」

 400mリレー史上初の銀メダル獲得という歴史的快挙から約1か月半、その名を歴史に、そして人々の記憶に刻んだ23歳のランナーに、「2016年の夏は、どんな夏だったか?」と聞くと、彼は即答した。

「濃くて、短くて。アッという間の夏でした」

 一瞬の夏、ケンブリッジが手に入れたものは計り知れない。

 8月13日、男子100m予選4組で登場すると、向かい風0.5mという条件の中、10秒13で2着。準決勝進出を決める。

 翌日の準決勝、隣のレーンを走るのは、世界最速のスタートを誇るジャスティン・ガトリン(アメリカ)だった。ケンブリッジは10秒17と振るわず、7位となり敗退。決勝進出は叶わなかった。しかし――。

この記事の続きを読む

1